So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

  見る人の幅が広がった原因を考えてみると脚本やテーマ設定も一因ですが、もう一つ。登場する役者や制作陣の「存在感」が作
用している、とは言えないでしょうか?ほんの少し前までは、「テレビドラマは女子どもが見るもの」「くだらないから話題にしな
い」と断定する風潮もありました。私のコラムにもそんな感想が寄せられたりしましたし。ドラマ視聴が男性にも広く根をおろしつ
つあることが、この夏の特徴と言えるのではないでしょうか。ドラマをめぐって今、世の中の気分やメディアの論調が変化しつつあ
る。その変化の早さにはちょっと驚かされます。
  堺雅人も、クドカンも、「どうでしょうclassic」ワールドを賑わせている松尾スズキ、荒川良々らクドカンファミリーも、あるいは渡辺
えり、片桐はいり、木野花、古田新太も共通項があります。それはみんな「小劇場」の出身者で、舞台で育ってきている、というこ
とです。「半沢直樹」の堺雅人。「あまちゃん」のクドカン。まさしく、余人をもって代え難い存在感を放っています。「この人で
なければ、この味は出せない」。 しかし、80年代頃から、その2つの世界を分ける境界線が溶解していったのです。つかこうへい、
野田秀樹、蜷川幸雄といったアングラ劇団出身の演出家が、テレビ系人気者をあえてキャスティングし始めます。そう思わせる個性
や存在感がテレビドラマの世界を奥深くし、また面白くしているのでは。宮沢りえも小栗旬も、そうやって生の舞台に上がり、アン
グラ戯曲を通じて磨かれ鍛えられていきました。
 かつて、テレビの中の人気者は、演劇舞台とは離れた場所にいました。もちろんその出身者が、メジャーなテレビドラマに出るこ
ともごくごく限られていたのです。特に「アングラ」「小劇場」と呼ばれるマイナー系(テレビ的大御所に対して)は、触ってもい
けないし踏み込んでもいけない、いわばアブナイ領域でした。

嵐グッズ

 嵐の相葉雅紀に関する“グッズ商法”をめぐって、ジャニーズ事務所関係者が頭を抱えているという。問題となっているのは、
相葉の両親が経営する中華料理店で販売されている店舗オリジナルグッズ。以前にも、その存在と問題点を報じたが、やはりトラブ
ルの火種となってしまっていたようだ。ファンにとっては悲しい出来事だが、櫻井本人の気持ちを察して、少しの間は温かい目で見
守っていきたい。店内には相葉の写真が大きく飾られているし、嵐メンバーのサインや相葉のレギュラー番組『天才!志村どうぶつ
園』のグッズなども飾られています。ウェブ通販まで行っているこのグッズに関して、Kはジャニーズサイドから何度も警告を受けて
います。身内が行う便乗商法ついては、相葉本人も困り顔だという。
 相葉の両親が経営する千葉県千葉市の「K」は、メンバーが過去に訪れたこともあり、ファンの間ではその存在が口コミで広まって
いた。同店は関東周辺のファンだけでなく、地方からの遠征組も訪れる、いわば“聖地”と化しています。そこで販売されているの
がお店限定のストラップなどのオリジナルグッズで、店としては『水曜どうでしょう 祭り』という姿勢のようですが、当然購
入する側は“嵐グッズ”と認識しているんです。ファンからすれば憧れのアイドルに近いお店なのだろうが、やはりビジネスが絡ん
でしまうと諸問題に発展するのも仕方ないところ。販売当初は『嵐』という名前が入ったアイテムも存在していたのですが、注意を
受けてからは直接的なワードを使うことは控えるようになったようです。さらにHPには掲載されない“限定商品”もたびたび販売さ
れていたらしく、疑問に思ったファンがジャニーズに問い合わせをするケースも後を絶たないです。

「嵐」は、女性と男性の「境界」を超え

 嵐にとってプライムタイムでの初冠番組となった同番組は、2008年4月に『社会科ナゾ解明TV ひみつのアラシちゃん!』というタ
イトルでスタートしたが、当初から一桁台が多く、視聴率では苦戦していた。8回の放送を経て『ひみつのアラシちゃん!』に改題し
、09年5月に現在のタイトルとなった。
  5年の節目を迎え、3月21日をもって最終回となった『水曜どうでしょう』。最終回では、「水曜どうでしょう 2013」のセット内でメン
バーが5年間の放送を振り返り、一人ひとりが視聴者にメッセージを伝えた。番組を見守ってきたファンにとっては感慨深い放送とな
ったようだが、テレビ番組にとって肝心の視聴率は、8.6%と、意外なほど低い数字で幕を下ろした。「同時間帯は、安定して二桁を
獲る『報道ステーション』やご長寿バラエティー『ダウンタウンDX』、フジテレビでは連続ドラマが放送されていて、強敵揃いとい
ってよいでしょう。また昨年は、前の時間帯に放送されている連続ドラマが『パパドル!』『ビギナーズ!』『レジデント~5人の研
修医』と立て続けに平均視聴率で一桁を記録してしまったことも、『秘密の嵐ちゃん!』低迷の要因といえています
   また、4月からの新番組『今、この顔がスゴい!』は『嵐ちゃん!』を超える数字を出せるのか、人気者ゆえのプレッシャーは
当分続きそうだ。2009年10月22日放送の明石家さんまがゲストの回では、15.4%を取っています。同時期から11~14%台を定期的に
獲るようになっていったが、昨年夏頃から再び一桁台を頻発するように。メンバーの二宮和也は最後に「違う形になるかもしれませ
んが、応援してくださる人たちに毎週何か楽しい思い出?出来事がお送りできるような5人になって、また必ず戻って来たいなと思っ
ています」と視聴者にメッセージしていたが、果たして実現するのだろうか?

水曜どうでしょう新作

  旭川の高橋製菓が大正10年に発売したビタミンカステーラは名前だけ知っていた。今回メールをいただいて調べてみたら、なるほど学校給食用のビタミンを加えていたのか。函館では知らない人はまずいない「ラッキーピエロ」のチャイニーズチキンバーガーは絶品です。GLAYのメンバーが好きだったとのことで、ファンの観光客にももはやすっかり定着しています。甘しょっぱいタレがたまらぬ美味しさで、あれを嫌いという人には今まで出会ったことがないです。ちなみにお値段は350円です。「バナナ饅頭」は有名なんでしょうか? 検索したら、某東京土産より歴史がありそうです。出ましたカツゲン。ガラナと並ぶ北海道限定飲料の双璧であります。もともと軍隊の栄養補助飲料として開発されたエピソードも有名。この手の飲み物は好き。北海道に行ったらカツゲンを買って、ホテルで甲類焼酎を割ってみよう。
   しまった。地場のハンバーガー・チェーン「どうでしょうclassic」には行ったが、別のバーガーを食べてしまった。これが本命だったの?バナナ饅頭は池田町で生まれた。100年以上の歴史があり、これが全国にあるバナナ饅頭のご先祖様と言われています。
  初代が長崎でカステラ修業をして開店したことも知った。全道で買えるらしいので実食編のときに是非食べてみたい。牛乳と一緒にね。乳酸飲料「カツゲン」。これ、受験シーズンに全国で売っても売れるような気がしますが。「大泉ワンマンジュー」。北海道発のスター大泉洋ワンマンショーで、数年前に売っていたものです。東京でも売ってたのでローカルではないけど、やはり小豆だよなぁと思いました。

「R100」吉本興業株式会社

 「R100」は、松本にとって「しんぼる」「大日本人」「さや侍」に続く通算4作目の映画。謎のクラブ〈ボンテージ〉に入会して
しまった主人公片山貴文の日常生活にさまざまなタイプの美女が現れ、次第にエスカレートしていく彼女たちのプレイを止める
とができないまま、さらなる予測不能の事態が巻き起こるというストーリーの。キャストには主演の大森南朋のほか、大地真央、
寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松尾スズキ、渡部篤郎らが名を連ね、松本自
身も出演しています。
  そして、Blu-rayで10月2日に同時発売されることとなったのは、前述の「大日本人」「しんぼる」と、コント集「水曜どうでしょう 2013の3タイトル。〈VISUALBUM〉は、98年~99年にVHSで3巻がリリースされ、2003年に〈完成〉版としてDVDとなった作品で、
今回のBlu-ray化に際して特典ディスク〈寸止め海峡〉が付属。こちらには、松本が入場料1万円で行った同名のコントライヴより
、〈ランジェリーヤクザの男〉〈柳田という男〉〈恩返しされた男〉の3本が収録されています。このたびリニューアルされたオフ
ィシャルサイトでは予告編を視聴できるので、気になる人はぜひチェックしよう。「僕、完全に無視されてますね。オマエ、本当
に腹立つやつだなぁ~」大泉洋 尾野真千子メール無視に激怒大泉洋は、尾野真千子にメールで「美しくて僕自身が涙するシーンも
あります、本当に出演いただき感謝です」と伝えています。1995年1月にVHSで発売されて以来、長らく高画質でのリリースが望ま
れていた〈寸止め海峡〉だけに、ファンにはたまらない特典と言えそうです。と明かすも、尾野からいまだ返信がないことにご立
腹しています。

愛知県の文化芸能を盛り上げたい

 大泉洋は私が目指していた人です。2012年に演劇ユニット「SCANP」をリリースされたのも、大泉の「TEAM NACS」を意識しました。いままで10人くらいだったファンが一気に増えて、舞台をやったら200席の会場が毎回満席に。そんな経験はなかったので「うれしいな」と思いましたね。名古屋を簡単に捨てられない、この人たちがいるから僕は飯が食えているんだ、恩返しをしたい、と感じるようにもなりました。5年間の東京生活で、人として少しは成長できたと思います。もちろん、「どうでしょう 2013売れたい!」という気持ちはずっと持ち続けています。それでいて気品を保っているのがすごいですね。まさに信長の生まれ変わりです。おもてなし武将隊」で一躍有名に2009年に「名古屋おもてなし武将隊」のオーディションを受けたのは転機でしたね。
  名古屋という小さな街で1番が取れなかったら、役者をやめるつもりで臨みました。「信長以外の役はやるつもりありません」と言いましたよ。どうしても信長をやりたかった。だって、怖い信長のイメージを変えて、漫才ができたら無敵じゃないですか。きっと全国区で売れますよ。「水曜どうでしょう」発の大泉洋さんみたいになれると思います。
  やめてくださいよ、また調子に乗るから。信長の役は黒い甲冑を着たりするので、どうでしょう 2013自然と迫力が出るんです。自分も「信長だ」と思って気張りますしね。今の「団長」のほうが本来の自分に近くて気楽です。

- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。