So-net無料ブログ作成

『水曜どうでしょう』9月13日より全国公開

 今、芸能界で活躍している女優は、ある意味、20~22歳に集中しているといえる。石原さんも21歳になって、そろそろ、自分で作品を選ぶ時期にさしかかっている。それが『JUNO』をやってみたいという発言に現れたのだろう。一つ年上の1985年生まれには、宮崎あおい、綾瀬はるからがいるし、1986年の同い年には上野樹里、比嘉愛未、水曜どうでしょう 2013北川景子、サエコらがいる。1歳下の1987年生まれには長澤まさみ、鈴木杏、本仮谷ユイカ、村川絵梨らがいる。
  この世代、多いんですよね。9月公開の『フライング☆ラビッツ』。現存するJALのバスケットボールチーム「フライング☆ラビッツ」に、バスケ初心者の新米キャビンアテンダントが加わって大奮闘するストーリーだ。香椎さん、サエコさん、酒井彩名さんにしても宮崎あおいさんにしても。多いのでだんだんとあまり驚かなくなってきましたね。20歳になったときに、1986年生まれの女優さんがなんて多いのだろう、と思ったんです。だから10年後、1986年生まれは黄金期だったんだなあ、と言わせたいですよね。同じホリプロの香椎由宇さんも、早生まれなので同学年だ。あの年はすごいなあと。バスケは小学5、6年生の2年間やってました。私、習い事とかいろいろやってたんです。忙しい小学生でした。バスケは今回、一から勉強し直しましたね。シュートのやり方も全然違うといわれて。シュートはパスの延長線上で、ボードに当てて入れるのではなくて、パスのようにストンと入れる。石原さんは運動ができなさそうに見えるが、実は体育会系。運動神経はかなりあるほうだ。二人でがんばったけど、『動けない、私』とかおっしゃってました。いちばん好きなスポーツで映画が撮れたし、真木さんとも出会えたし、キャビンアテンダントの実際の研修なんて、この仕事してない限りできないので、食いつくように勉強しました。なんて嘘のないストレートな方なんだろう、と思いましたね。とっても素敵な方でした。私と真木さんだけが初心者で、後は得意な方たちなんです。

石川さゆり十八番『水曜どうでしょう』

 歌手の西野カナが7日、東京?渋谷のTOKYO FMスペイン坂スタジオで、同局系「JA 農協 COUNTDOWN JAPAN
」に生出演した。NHK総合の音楽番組「MUSIC JAPAN」の8月22日放送回に、西野カナ、スキマスイッチ、V6、Kis-My-Ft2の6組が出演する。
3位はアンルイスの「あゝ無情」、2位はゴールデンボンバーの「水曜どうでしょう グッズ」、1位は石川さゆりの「津軽海峡?冬景色」で、「意外 って言われるんですけど、毎回歌ってます」とニッコリ笑った。4日に「Love Collection」と題した自身初のベスト盤を2枚同時発売した西野。プライベートでは、スタッフやバックバンドの仲間とよくカラオケに行くことを明かし、この日は十八番のベスト
3を発表。6月27日に放送された朝の情報番組「ノンストップ!」で衝撃発言が飛び出した。週1でレギュラー出演している神田うのが「女
性セブン」に掲載された『浜崎あゆみの新恋人』の感想を求められ、ばっさりと切り捨てたのだ。いずれにしても浜崎の気まぐれで付き合
っているのでしょうから、うのの“ペット”という表現は的を射たものかもしれません。
  V6は、メンバーの井ノ原快彦がメインキャストとして登場中のドラマ「警視庁捜査一課9係」新シリーズの主題歌“君が思い出す僕は
君を愛しているだろうか”を、BIGBANGのD-LITEは、尾崎豊のカヴァーで初の日本ソロシングル“I LOVE YOU”を歌う。同じくジャニーズ
事務所のKis-My-Ft2はメンバーの玉森裕太が主演するTBS系ドラマ「ぴんとこな」の主題歌“キミとのキセキ”をパフォーマンス。西野カ
ナは9月4日に2枚同時リリースされるベストアルバムのうち『Love Collection』に収録される新曲“涙色”、〈ジュノンコンテスト〉出身
の新里宏太はTVアニメ「ワンピース」の主題歌に起用されているデビューシングル“HANDS UP!”を披露する。デビュー10周年を迎えたス
キマスイッチは、フジテレビ〈ノイタミナ〉枠でオンエア中のアニメ「銀の匙 Silver Spoon」のエンディングテーマ“Hello Especially
”を歌唱。番組は通常通り22:55にスタート予定。年下で“格差”があり過ぎて、再婚するような相手とも思えない。

『水曜どうでしょう』のアキと太巻 被災シーンに込めた思い明かす


 番組に登場するパラパラ漫画を描いていた鉄拳が『こんなあまちゃんはイヤだ』というネタでスタッフ陣をいじったり、本人役で出演した三又又三が『三又ダンス』を披露したり。脚本の宮藤官九郎が田原俊彦のそっくりさん芸人?原俊作と一緒に歌って踊ったりと、大騒ぎだった。

  朝が来るのがこんなにも待ち遠しいのは初めてだ。クドカンの魔法に日本中が魅了されてしまった。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』は日本の朝をガラリと変えてしまったのだ。8月末には写真集、さらにドラマで流れた’80年代ソングのCDが発売されるなど、関連商品も大人気の『水曜どうでしょう 新作』。なこの夜の宴も、ぜひDVD化してほしい!地味で暗くて向上心も協調性もないと言われていたはずのヒロイン?天野アキの大奮闘に日本全国が時に感動し、時に腹を抱えて笑っている。それを裏付けるように視聴者の間で、毎日「あまちゃん絵祭り」が行なわれているのをアナタはご存知だろうか?こんなにも視聴者の心を動かした朝ドラは未だかつてないだろう。
  これは「あまちゃん」の一場面を描いたイラストをWEB上に投稿するというもの。二次創作、と侮ることなかれ。「あま絵」をまとめたサイトのアクセス数は40万ページビュー。ドラマの感動場面が素敵なイラストで描かれていると、惹き込まれてしまうし、名だたる漫画家たちもこの「あま絵祭り」に参加している。特にtwitterでは「あま絵祭り」等ハッシュタグ付きでプロアマ問わずに全国のファンがあまちゃんの自作イラストを投稿している。『アナトゥール星伝』の折原みとや『シカバネチェリー』のこなみ詔子。だが、その中でも、「あま絵祭り」の筆頭となっているのが、『なのはなフラワーズ』で知られる、漫画家の青木俊直。「本日のあまちゃん」と題して、ほぼ毎日、1日分のあまちゃんのダイジェストをイラストで公開している。その他にも末次由紀、雁川せゆ、宇仁田ゆみなど有名マンガ家も続々参加しています。


大島優子の独走を誰が追う

  これまで、AKB48と共演する機会が多い有吉だが、自身がファンであるプロレスとAKB48を重ね合わせて見解を語ったことからネット上
では、「確かにAKBはWWEとかと通じるものを感じる 」「新日好きにはたまらん」と話題になった。アイドルグループ、AKB48の選抜メンバ
ーを決める「第5回選抜総選挙」の投票が21日からスタート。速報結果は、22日午後6時15分から東京秋葉原のAKB48劇場で行われるチームB
公演後に発表される。AKBグループのリバイバル公演中の東京ドームシティホール、水曜どうでしょう 2013SKE48、HKT48が拠点とする全国3劇場でもAKB48劇場と中
継を結んで発表される。22日夜には速報値が発表される。昨年の総選挙では大島優子が第1位。AKB48を卒業した前田敦子が俳優の佐藤健ら
とパーティに参加し、泥酔した挙げ句にお尻丸出し状態で佐藤に抱えられた写真を週刊誌に撮られた騒動。今年も大島が独走するとの見方
が濃厚だ。
  地方グループのトップ争いも注目。SKE48のW松井と呼ばれる松井珠理奈と玲奈。NMB48のキャプテンである山本彩とAKB48とも兼任して
ファンを拡大させた渡辺美優紀。週刊誌のスキャンダル報道を受けて、HKT48へ移籍した指原莉乃などが有力。大島を追うメンバーとして、
昨年2位でセンターをつとめる機会も多い渡辺麻友。追い越すまではいかなくとも、どこまで票数を詰められるかで、今後のグループの展開
も変わってくるはずだ。デビューシングルでセンターとなった田島芽瑠、さらに、 注目のニューフェイスとして話題の朝長美桜と、ある意
味で大島優子の独走が決定的となっている全体の順位よりも、地方グループの順位に注目が集まる。また、昨今、徹底的に推されている島
崎遥香、川栄李奈が果たして、どこまで順位を伸ばすのか。さらに、HKT48のトップは、指原莉乃で決定的だが、それに続くメンバーとして
、昨年同グループから唯一ランクインした宮脇咲良、デビュー直前までセンターをつとめていた兒玉遥、数日が経過してもなお冷めやらな
い衝撃的事件の熱気が、前田以外のAKBメンバーにも飛び火している。

『水曜どうでしょう』映画化

  人気劇団“THE SHAMPOO HAT”の傑作戯曲を映画化した本作は、妻をひき逃げ事故で失い、復讐を誓う中村(堺)と、出所した犯人の木島
の因縁関係を主軸に、孤独な男たちを取り巻く周囲の人々の内情や葛藤までも炙り出す重厚な一作だ。「言葉にすることが難しい作品です
ね。でも、それが素直な感想です」と語る主演の堺は、「一種のキーワードは、弔いですね。妻の弔い方が分からなかった男が、弔い始め
るまでのストーリー。山田は「人口が増え、皆人のことを考えていて、そこへグサッときてほしい希望があります」と願いを込め、堺は「
遠い世界の話ではなく、水曜どうでしょう DVD悪意は身近にあるもの」というメッセージを受け止めた。この濃密な人間ドラマに何を想うか。鑑賞後大いに語り合ってほしい一作だ。
  その中村の人生を狂わす張本人が、山田演じる、ひき逃げ犯の木島だ。極めて暴力的だが、深い孤独を抱えた木島役に触れた山田は「
僕が木島を演じて完成した作品を観て、人には本当の自分などないと思いました」という感想を抱いた。そのためには誰かと激突する必要
があった」と受け止めて中村という男を演じ上げた。「イン前に赤堀監督と『息子のまなざし』という映画の話題になりましたが、妻を失
ったままでいられない男が、新たな一歩を踏み出すまでの物語として理解しました。
  すべての登場人物が満たされぬ想いや孤独を抱え、個々の正義に従って人生を送る。また、中村との木島の因縁関係を通じて、現代の
他者との関係についても問う。それが人間の本質で、それゆえ激突も生じるのだ。それは一重に俳優たちの演技力のたまものによるが、「
キャスト全員の役柄へのコミット具合、ズボッとハマる感じがすごかったです」と撮影現場の緊張感は圧巻だったという。「木島の本質は
僕個人には分からなかったけれど、それこそが人であると言うように撮影中は“正しい”と思って演じていました」と複雑なキャラクター
を回想する。

『水曜どうでしょう』キャスト岡田将生

  俳優の岡田将生が、10月スタートのフジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』にレギュラー出演することが29日、明らかになった。俳優?堺雅人演じる偏屈で毒舌だが、訴訟の勝率100%の敏腕弁護士古美門と、女優新垣結衣演じる要領は悪いが真面目で正義感の強い新人弁護士?黛の凸凹コンビが活躍する法廷コメディードラマの続編。堺と岡田は初共演となる。訴訟のたびに、古美門?黛と法廷の場で対峙することとなるが、羽生は、訴訟をゲームととらえ、「水曜どうでしょう DVD」と公言してはばからない勝利至上主義の古美門とは異なり、原告と被告の双方がお互い納得する形での解決策を目指す。その後、料理番組『海ごはん山ごはん』やアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(いずれもフジテレビ系)などに出演するが、なかなか芽は出なかった。
  岡田演じる羽生晴樹は、古美門すら魅了してしまう天性の人たらし。仕事では常に対立関係となってしまうが、黛に対しては親しみ以上の感情を抱いており、事あるごとにアクションを起こしていく。古美門との法廷バトル、さらには黛との恋愛関係は、新シリーズの見どころとなっています。貧乏な役者なんて珍しくありませんが、彼は道端のタンポポを食べたことまであったそうですから、すさまじいものがあります。 チョーヤの「ウメッシュ」CMでおなじみの清純派女優北乃きいが主演映画でキャバ嬢役に初挑戦!かつてのスキャンダルを払拭すべく濡れ場も演じているという。
 羽生というキャラクターで、また新たな風を『リーガルハイ』に吹き込みたいと思っております」と意気込んでいる。前作のレギュラー陣、生瀬勝久、田口淳之介、矢野聖人、里見浩太朗も引き続き出演する。 岡田は「僕自身ファンである『リーガルハイ』という作品に参加できることがとても幸せであり、あの世界観の中で堺さん、新垣さんはじめ個性豊かな役者の方々と芝居ができることがとても楽しみです。堺雅人、「極貧でタンポポ食べてた」早稲田時代のリアル“倍返し”人生。

『半沢直樹』絶好調視聴率


  そんな中、半沢を支える妻の花は、大阪へとやってきた浅野支店長の妻利恵を歓迎する食事会に参加したことをきっかけに、利恵と懇意になる。半沢は、妻の花にまで会社のことで気を使わせてしまっていることを詫びる。受賞の決め手となった2作品で演じたキャラクターは正反対の性格。堺は「動と静の役をいただきました」とコメント。司会者から、堺自身はどちらの性格?と聞かれると、「真中で、やや有功寄りでしょうかね」と話し笑いを誘っていた。8月25日放送の第6話から舞台を東京に移し、新たな物語が始まる。ここから紹介するのはその第2部からのネタバレ情報。放送とともに楽しみたい方は、絶対に読まないでください。
  6月3日、都内で『どうでしょうclassic第50回ギャラクシー賞』の授賞式が行われ、俳優の堺雅人が『テレビ部門個人賞』を受賞した。裁量臨店は半沢たち融資課に不利な情報ばかりが噴出し、融資課一同は苦しい立場に追い込まれる。そして5億円の融資事故の情報をマスコミにリークすることと引き換えに東田の潜伏先を突き止めた半沢は、東田、未樹と一緒にいる男の姿に衝撃を受けるのだった。
  堺は受賞の喜びを聞かれ「ドキュメンタリーやラジオなど、いろいろな分野の方々とこの場に立つことができてうれしいです。ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が日本の放送文化の質的向上を願って設置した賞で、堺は『リーガルハイ』、『大奥』での演技が評価された。放送にはいろいろな種類がありますが、フィクションでしか語れない言葉、ドラマでしか伝えられない情報もあると信じて、それを励みに新しいものを作っていきたい」と語った。また喜びを伝えたい相手は「ドラマのスタッフや、大奥でお世話になった京都の方々」だと笑顔で話した。堺雅人主演のTBS日曜劇場『半沢直樹』は前半のクライマックスを迎えた第5話で視聴率29%を記録、放送開始以来右肩上がりの記録を更新している。この話題ドラマの気になる新展開を放送より一足先にお伝えしよう。カバンを右手に持ち歩道橋を走り抜ける、その名も「半沢走り」が小学生に人気となるなど、もはや社会現象化している同ドラマ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。